ページの先頭です。
新卒採用情報

INTERVIEW 社員インタビュー

2013年入社 R.S
第一事業部 技術第二部
システムエンジニア
システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 卒

現在の仕事内容について教えてください。

外部設計や内部設計、製造や試験、プログラムの改修など様々な工程を担当しています。役割もプロジェクトによって様々で、開発者としてプロジェクトに携わることもあれば、プロジェクトリーダーとしてスケジュール管理や品質報告などに終始していたこともあります。現在はビジュアルプログラミング言語を用いてコードレス開発を進めており、スクラムによるアジャイル開発を行うプロジェクトに所属しています。IT業界は流行り廃りが激しく、プロジェクトが変わるたびに新しい技術に触れる機会があるため、プロジェクトが変わるたびに新鮮な気持ちで仕事に取り組むことが出来ます。

心にのこるエピソードを教えてください。

あるプロジェクトでお客様と一緒のチームでシステム開発に関わる機会がありました。その際に、このシステムを作りたい理由にどういう背景があって、システムが完成することによってどう仕事が変わっていくか、どのくらいの熱意を持ってプロジェクトに取り組んでいるのかということをお客様から直接聞くことができました。それまでは、プロジェクトの背景などは記載された資料を読むだけであったり、お客様とは要件を聞く程度の関わり方で、プログラム製造の業務が主だったため、何のためにプログラムを作っているかをふと見失うこともあったので、今回のプロジェクトでは本当に必要とされているシステムを作っているという実感が湧き、良い経験となりました。

入社して感じるTASの魅力を教えてください。

働く環境として魅力的なのは、人に教えるのが好きな社員が多いことです。入社間もない頃、わからないことを先輩社員に質問すると色々わかりやすく教えていただいた思い出があります。研修教育制度にも力を入れており、一人当たりの金額の上限は決まっていると思いますが、おおよそ希望に沿った研修を受けさせてくれるため、目標を持って具体的なビジョンを描いているならば成長しやすい職場であると思います。また、PCのログオン等による打刻システムを導入しているため、出勤退勤時間が正確に管理されていること、当然ですが残業代がちゃんと支払われることや、基本的には残業時間を減らしていこうという働きかけがあることは魅力だと感じています。

これからの夢や目標を教えてください。

情報処理技術者試験のスペシャリスト資格を取得したいと思っています。試験の過去問集の書籍や専門誌が会社で用意されているため、書籍を利用して勉強を進めています。受験料を会社で負担してくれているので、臆することなくチャレンジできる環境は助かっています。

就活中の皆さんへのメッセージ

就職活動をしていると不採用通知を沢山受け取ることになるかもしれません。そういった時は落ち込まず、会社が求めている人物像と合わなかったと考えて前向きに捉えることが大事です。この先何十年も働くことを考えると、会社から求められる人物像が自分の性格と一致していないと、もし就職できてもずっと辛い思いをすることになるので、自分と合う企業を見つけることに手間を惜しまず、積極的に行動していくのがオススメです。