ページの先頭です。
新卒採用情報

INTERVIEW 社員インタビュー

2015年入社 Y.T
第二事業部 開発部
ネットワークエンジニア
経営情報学部 システム情報学科 卒

現在の仕事内容について教えてください。

私は現在、北海道内の自治体や民間企業をお客様としています。サーバやネットワークの提案から構築・運用・保守までの全てに携わっています。具体的にはメールサーバやユーザ管理サーバの構築や、ルータやスイッチ、無線(Wi-Fi)機器の設定などがあります。仕事を始めるまでは「あって当然のもの」としてインフラを使用する側でしたが、いざ構築する側に立つと初めて知ることがたくさんあり、やりがいのある仕事です。「サーバ」や「ネットワーク」などの言葉だけを聞くと難しいように聞こえますが、社内には社会人になってからITに関わるようになった方も多く活躍しています。知識も必要ですが、お客様との情報共有からはじまる入念な準備と、確認作業をしておくことがとても重要な仕事です。

心にのこるエピソードを教えてください。

ある自治体様へサーバとネットワーク機器を導入したことがあり、構築から運用の相談まで、先輩に多く支えて頂きながら自分が中心となって従事した業務が完了した後のことです。営業の方から、お客様から自分だけでなくTASが良い評価を頂いていると聞いた時が一番嬉しかったですね。導入から数年経った今でもお客様と良い関係は続いており、時折「このシステムをこうしたい」「これは実現できますか?」などのご相談をいただくこともあります。当時は仕事の進め方も、お客様との連絡の取り方も手探りの状態で確かに大変でしたが、お客様がTASのファンとなってくださり、良好な関係を築けたことは私の自信の一つになりました。経験してよかったと思える仕事の一つです。

入社して感じるTASの魅力を教えてください。

業務内容での魅力は、北海道各地に繋がりがあることですね。道内各地の自治体からお声がけ頂き、さまざまな市町村へ伺い業務に携われるため、北海道で活躍している実感が沸きます。グループ会社同士協力して建物の通信インフラの敷設からネットワーク機器やシステムを導入したサーバの設置までを一つの業務で遂行したり、北海道のIT企業同士で手を取って大きなプロジェクトに参画して身近なインフラの構築に関わることもあります。業務内容以外では、先輩からのサポートが手厚く仕事がしやすい環境になっていることや、勤務時間がしっかり管理されていること、時間外勤務があったときには、手当がちゃんと支給されていること、などが魅力的ですね。

これからの夢や目標を教えてください。

入社してからこれまではIPAの資格試験に合格することや与えられた業務を遂行できるようになることを目標としてきました。しかし、勉強も重要ですが、それだけではない大事なこともたくさんあると気づきました。今の目標は、先輩がたのように、自分の知識を活用してお客様への説明や提案ができるようになることや、お客様だけでなく後輩へのサポートなど、他の人をもっと支えられるようになりたい、という目標があります。言うはやすし行うは難しと言う通り、つい自分の作業に没頭してしまうこともありますが、これまでの目標から違って、コミュニケーションに一歩踏み込んだ目標を掲げ、これからの視野を広げていきたいと考えています。

就活中の皆さんへのメッセージ

私も経験してきた道ですが、自己分析やたくさんの会社説明会への参加など、就職活動は大変に思う方も多くいるかと思います。「やりたいことが見当たらない」という方は私の周りにもよくいました。自分がどんな仕事をやってみたいのか、どんな環境なら楽しくできそうなのか、イメージだけでも考えてみてください。もちろん、北海道内にある会社や北海道に繋がりのある会社でITをやりたい、北海道で情報技術を鍛えてお客様の縁の下の力持ちになりたい、となったなら、TASはどんどん魅力的に見えてくると思います。みなさんの就職活動を応援しています!