ページの先頭です。
新卒採用情報

INTERVIEW 社員インタビュー

2012年入社 N.Z
第三事業部 ネットワークデリバリセンタ
回線調整業務
社会情報学部 社会情報学科 卒

現在の仕事内容について教えてください。

私は、札幌市内にあるネットワークデリバリセンタという拠点で勤務しており、お客様のネットワークに関わる調整業務を担っています。工事調整グループに所属し、主な業務内容はネットワーク回線開通工事を実施するために、工事に携わる関係会社の作業者の調整や当日実施する工事の状況把握(問題なく工事が行えているか、トラブルがある場合はどのように工事を進めるか関係各所に確認・依頼等)を実施しています。私が実際に工事調整を行った札幌市内の店舗に行くと、お客様や市民の方もその回線のサービスを利用した様子を見ることがあります。その際は、回線構築を通じ自分も社会インフラの提供を担っている一員だと感慨深く思います。

心にのこるエピソードを教えてください。

お客様や工事に携わる関係会社の作業者は全国にいるため、コミュニケーションを取るためにはほとんどが電話となります。電話で自分の思いを相手に伝えること、また相手の思いを汲み取ることは表情が見えないこともあり当初は苦戦しました。それを乗り越えるために、言葉だけで伝えようとはせず、資料またはメールで自分の考えを伝えてから電話したり、電話を切る直前に話した内容を復唱することを意識するようになってからは、以前よりコミュニケーションを上手く取れるようになりました。お客様に私とまた仕事をしたいと言われた時は嬉しく思い、自信にもつながりました。

入社して感じるTASの魅力を教えてください。

TASは研修環境が整っており、社会人として必要なビジネスマナー等の基礎から専門的な知識、マネージメント、コミュニケーション等を学べるのが魅力だと思います。入社前は事前研修があり何度か会社に足を運ぶため、同期となる内定者と親睦を深めることもでき、入社時には不安が軽減されました。入社年数を重ねても1年に1回以上は研修を受講でき、外部研修を受ける機会もあるので有難いです。また、所属している第三事業部は活気に溢れており、先輩方も話しやすい雰囲気です。相談しやすい環境のため、業務に行き詰った際はアドバイスを頂くことが多いです。そんな先輩の方々と一緒に仕事できることを嬉しく思い、TASの一番の魅力だと感じます。

これからの夢や目標を教えてください。

現在の目標は、一緒に働いている方々の得意分野/苦手分野を把握し、効率良く仕事を進められるようになることです。横の繋がり、上下の繋がりを大事にし、周りとコミュニケーションを取って仕事を円滑に進められるようになるよう日々試行錯誤していますが、現在の案件終了である1年後、振り返ったときに目標が達成したと言えるよう努めたいです。数年後までの目標は、お客様の信頼を得ることです。現在の事業部に異動して2年目となり、業務のことを把握できるようになりました。お客様から依頼や催促される前に先のことを想定し対応し、「TASに任せて良かった」と思って頂けるような行動が取れるようにしたいです。

就活中の皆さんへのメッセージ

私が就活中の際は就職氷河期でたくさんの企業や合同説明会に足を運びました。そこで学んだことは、思ったらすぐ行動することと、行き詰ったらリフレッシュをすることでした。私は思ったことを行動に移すことが苦手のため、現在でも「思い立ったらすぐ行動」をモットーにしています。ただずっと動き回っても結果が出せない時もあると感じたため、リフレッシュすることも大事なことだと学びました。みなさんにも就活で学ぶことがたくさんあると思いますので、今後の人生に活かしてください。最後になりますが、TASで一緒に働くことになりましたら、是非お声掛けください。いろいろお話ししましょう!自分の納得する就活を送ってください。